※chromeの拡張機能でABPを入れてるとテンプレートが崩れる場合があります。 その場合は更新ボタンを押してみて下さい
[464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454
ふと、天狗キャラを考えたいと思ってラフで描いて見た


sagamibou.jpg


































なんかどうやっても
我が最愛の某様のコスプレにしか見えなくて泣いた

いや、きっと鼻のせいだ。天狗って鼻長いじゃんってデザインしてたら
そうなるしかない運命からは逃げられないんだなーというどうのこうの・・・


とりあえずなので
山伏のルックとかが適当なのは許して欲しい。
ホントはもっとちゃんと色々決まってて山伏というのはコレ、という
装いがあるらしいです。この辺はネットで調べることへの限界を感じるので
いつかそういうところでちゃんと取材して調べられたら楽しそう。


で、コレを機に天狗というモノについても調べてたりしました。

天狗の中にも分類があって、強いのを「大天狗」とカテゴライズするらしい。
そして大天狗の中でも有名な名前持ちが48人いて、
これを「四十八天狗」というらしい
(なんか悪魔のソロモン72支柱みたいですね)

で、更にもっとその上がいて!
日本を代表するような天狗代表が8人、定められておりまして
コレを「八大天狗」と称し、各地に君臨しておるそうですよ。

いやー、なんか中々に中二心を刺激する展開になってきましたね。

で、その超有名天狗衆8人の中に・・・
なんと、我が地元の香川県に籍を置く天狗様がいらっしゃるそうで。
これ知ったときにテンション爆上がりですね。

それが上にも名前として書いてある「白峰相模坊天狗」さまでいらっしゃいます。

この相模坊天狗の成り立ちというかルーツというのが
なかなか奥が深いものだったりしまして。
この人、元々は神奈川県(相模国)の天狗さんだったらしいんですね。
それが香川松山市(白峰山)に転居してきたらしい

その原因というのが
かの日本三大悪霊とされる菅原くん、平くんに続く三人目
崇徳上皇だったりします。

この崇徳さんというのが、
要はお家騒動の末に決起したが1日で取り押さえられるという残念クーデター(保元の乱)
が元で、うどんの国(香川県)に島流しされた悲劇の偉い人だったりするわけですが。

ど田舎でひたすらもう一度、京に帰りたいと嘆き、無念の中で死んだ崇徳上皇の
霊前に仕え、御霊を慰めるために
わざわざ相模国から白峰山に引っ越してきた、というのがこの天狗さんの身の上。
だから名前がややこしい(地名混在)ことになっておるわけですね。

まあ要約すると、崇徳さんのお守り役の天狗さんという。

ちなみに、崇徳上皇がなぜ日本三大悪霊と呼ばれるようになったのかというと
島流しにされた先で、なんとか頑張って反省文を作成し、それを京に提出したら
「お前それ呪いこもっとるちゃうんか!いらんわ!」と突っ返され・・・
もういい加減トサカにきた崇徳さんは舌を噛み切り、その血文字で
「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし、民を皇となさん」
とかいう恨み言を残してお亡くなりになったから。
・・・・・というのはどうも創作の話らしいですが
史実でいうと、なんか崇徳さんがお亡くなりになった後になんか色々と不幸が重なったので
おいコレってやっぱり崇徳上皇の祟りなんじゃないか?というのが広まって
今に至る・・・みたいな話らしい。


いやー、この崇徳上皇と相模坊天狗の話を創作で描いたら
じつに面白そうですね。
その場合、崇徳上皇は美少女でお願いします。もしくは幼女。
恨みつらみのダークサイドに落ちかけの黒々とした美少女とか美味しすぎるですね。
それの面倒を見る天狗様というね。
おーいしーぃ。

なんかこの辺の歴史の話が調べていくと実に面白いので
最近ハマってます。
もともと、歴史の知識がないに等しいからねー
(源平合戦とかなにがどうゆう?が平常運転)
少しずつ知識増やしてって、いつか創作に役立てればなーとか思います。

今は藤原さんサイドの話を物色中。
あれって忠通と頼朝の兄弟ゲンカってことでいいんだろうか。







 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
歴史ものってステキですw
キャーw 相模坊サマーw
天狗さんは修験道に端を発しますから、
八十八霊場のある四国には、結構縁が深いかもですね。
修験道と真言宗は深く混淆してますので。
行者さんも割と大勢居られるんではないでしょうか。

しかし、奇縁とはよく言ったものですね。
崇徳上皇にお参拝なされてみるのも、よろしいかとw
ナノ(ry 2013/04/06(Sat)01:48:21 編集
鷲○さま?
美しい!!
どうしても某麻雀漫画のあのお方にww
頭にちょこんと被り物があるのが可愛ぇぇ///
烏天狗のお話にBLACK BIRD(つづり合ってる?)というのがあるのですがそこにも相模さんというイケメソがおりまして・・・

忍さんのこれからを祈って参拝だ!!
こあり 2013/04/06(Sat)13:08:47 編集
無題
崇徳上皇の霊を慰めるって設定の割には、何て言うか…。
むしろ某ワシズ様のオーラのおかげで、崇徳上皇
自身が天狗になったかのようなお姿ですね。
崇徳上皇と言えば、百人一首にも収録されている、
瀬を早み 岩にせかるる 滝川の 
われても末に 逢はむとぞ思ふ
(川の急流が岩でせき止められて二つに分かれても、
下流ではまた一つの流れに戻るように、今は別れ別れ
になったあの人ともいつかきっと再会しよう)
という、結構な激しい愛の歌でも知られてますよね。
まあ一般的には「この時点で既に晩年な崇徳上皇が
作った歌が恋愛をテーマにしてるわけないだろ。
権力を恋人に見立てた、リベンジを誓う歌だ。」
なんて解釈をされてますけどね。
おじいちゃん(と言っても40代ですが)が恋しちゃ
いかんのかと。
鏡の破片 2013/04/06(Sat)23:20:58 編集
無題
高校の課題研究で天狗をテーマにした私が通ります

天狗には大天狗、鴉天狗の他にも、尼さんの格好をした女天狗というものもいます(鼻は長くない)
バリエーション豊かで妄想が膨らみますね
黄昏の名無し 2013/04/07(Sun)13:35:14 編集
無題
完璧に鷲巣様に見えてしまいましたwwwww←
でも天狗さんカッコよすぎて悶えますねwwwwwwww
手が綺麗すぎて頭撫でられたいですwww
あと、髪の毛垂れてるのがドツボです><///
2013/04/07(Sun)18:56:40 編集
無題
>八十八霊場のある四国には、結構縁が深いかもですね
みたいですね。なんか老後になったらそういう霊場巡りとかしてみたいですw

>美しい!! どうしても某麻雀漫画のあのお方にww
ですよねーまあ、個人の趣向が反映されると似通ってくる現象というか

>崇徳上皇 自身が天狗になったかのようなお姿ですね
一説には舌噛み切って死んだ後上皇は天狗になった、という表現が
在るらしいですがこれは相模坊天狗とは別なんですかねえ?

>天狗には大天狗、鴉天狗の他にも、尼さんの格好をした女天狗というものもいます
そういえば東方にもそれっぽい天狗にお嬢さんがいましたっけw

>でも天狗さんカッコよすぎて悶えますね
つまり鷲巣さまは萌え記号の塊だったということでFA



2013/04/11(Thu)00:41:19 編集
<< ٩(๑`^´๑)۶ HOME 梨の妖精 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍のコミックス






最新コメント
[11/16 七面鳥]
[11/06 @]
[10/28 パンピー]
[10/21 麻]
[10/16 るるこ]
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
自己紹介:
一応漫画家。某誌にて連載中。
年寄りと三白眼を好む習性在り。
バーコード
ブログ内検索