※chromeの拡張機能でABPを入れてるとテンプレートが崩れる場合があります。 その場合は更新ボタンを押してみて下さい
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
コラーゲンてなんだ YO!
(なんかのサナギとかじゃない?)


biyou1.jpg
























美肌になぁれ 美肌になぁれ。



コラーゲンというと、一時期マイナスイオンと一緒で
「な~んの意味もないよね()」と修造さん調に疑惑をかけられていた物質ですが、
むしろそれが嘘で、
本当に効能があるんだそうです。

世間では主に、美容に良しとされているコレですが、
調べてみると健康や若返り効果
骨を強くし、老眼・心筋梗塞・脳梗塞を防いでくれるとか何とか・・・
つまり白服は間違ってねえ。間違っちゃいねえ。
鷲巣さまにはもっとどんどん与えていくといいと思う。
(別に私はコラーゲンの回し者ではない)


居酒屋行くと、コラーゲン入りのカクテルとかありますけどね。
ああいうのを飲むと女子力が高まるんですきっと。


ちなみに、美肌にな~れの元ネタって何だったかなと記憶の扉を
ノックしてみたら、「素直になぁれっ悪魂退散!」(涯君)だった
これも、初見の時は3分くらい虫のように笑ってたと思う。
今となってはいい思い出である。


そうそう。最近の雑談。

「Ib」流行ってますねー。
私はニコニコでレトルトさんの実況で見始めたのが初見だったんですが
(レトルトさんはポケモンスナップの頃から大好きな実況者さん)
その後、爆伸びして一気に広まったって感じですかね。
あのゆめにっきのような雰囲気と、なによりギャリーさんの存在がね。よかったのね。
オネエ言葉のイケメンって、古くは「ふしぎ遊戯」のヌリコさんを
思い出す方も多いでしょうが、私は「世界で一番大嫌い」の
マキさんを思い出しました。
どちらも名作の少女マンガですが。
やはりオネエなイケメンってなにか一部の乙女の心を揺さぶる
何かがあるのかもしれません。


実況といえば、
最近プリオさんのFF7の解説実況を見てるのですが。
ほら、FF7ってリアルタイムでプレイしたときは当時私はどうにも
いささかストーリーについていけてない頭の悪い学生だったもんで、
こうして今になって解説してもらえると
ああ、こういうことだったのか!みたいな発見が多々あって面白いです。
ジェノバとかリニュリオンとかライフストリームとかね・・・
神羅ビル襲撃したのがセフィロスに擬態したジェノバだったとかね。
ヘーですよへー。当時は素直にセウィロスぇとか思ってた。

いやーそれにしても。
今見てもレノさん萌えキャラすなあ。セゾカワビシャスなぁ・・・
久しぶりにFF7みるとこの病気が再発してゴロゴロゴロする。
FF7個人的萌えキャラランキングは
1位レノさん 2位シド 3位ユフィ 4位ナナキ 5位ケットシー
です。
いい加減PS3でリメイクすればいいのにねFF7。
音楽とかキャラとか世界観とか、今見ても神ゲーの予感しかしねー。
(特にdisk1は)
なんか┌(┌^o^)┐的な理由で敬遠してる方もいるかもしれませんが。
個人的にはあの辺のクラウドとセフィロスのイケメン達がどうのこうのは
結構どうでもいい(とか言ってるとファンの方にぶっ飛ばされそうですが)

わしはレノさんと宇宙オヤジとユフィがみれればそれで満足なんじゃいァ



はい、ではここから拍手コメに返信です




 
鷲巣さまの休日。

waruguti1.jpg




























waruguti2.jpg





























心太でトコロテン。
蒟蒻車厘でコンニャクゼリーと読むそうです。

アカギのこんな嬉しそうな顔描いたの始めてかもしれない。

とりあえずナイトキャップ被って寝てる鷲巣さま描けて
楽しかったです。



そうそう。
ブラック★ロックシューターのアニメ。最終回まで見ました。
いやー、凄かったですね。
最終回までみたらとりあえずちゃんと分かりにくい部分を
自分なりに考察して感想書こうと思ってたんですが、
もうそういうのもいいのかな・・・という気分にさせてくれるぐらい
破壊力のある最終回でしたええ。
印象としては最近で言うとピンドラに似てるところがあったかもしれません。
つまり
どういうことだってばよ!? → こまけぇこたぁいいんだよ!!
という境地に落ち着く感じ。

視聴者というのは大まかに言うと二種類居て、
こういう感じのアニメに対してフィーリングで見て評価するので細かい事が
気にならないタイプ、
そしてどうしても理屈で考えてしまうので、辻褄や統合が合わない部分が
気になるタイプ。

ゆえに、評価が極端に分かれる作品になるんですねぇ。
ある人にとっては名作だし、ある人にとっては訳がわからん。と、

まあとりあえず、そういう部分の問題を抜きにして話をするとしたら、
私は、これははたして誰と誰の話だったのかというのを考えたい。

①マトとヨミ(加えてカガリ)の友情のバミューダトライアングルの話を画く
だったら、正直サヤちゃん先生とユウの設定は蛇足だと思うわけです。
逆に
②マトとユウ(加えてサヤちゃん先生)の友情と因縁の話を描く
だったらヨミとカガリは特に必要ないかなーと思うわけで。

1話~4話までは①の感じでしたが
4話~8話までは②の感じ。
しかも4話までの問題に明確な決着がつかずに②の流れに
シフトしていってるので、チグハグ感を覚えるのかなーと。

では最終回ではどうなったかというと、
ヨミやカガリ、サヤちゃん先生の出番はほぼなく、
これは結局マトとユウの物語だったのかという印象。

んんー、
女子高生の日常と異世界バトルメインのBRSの世界観を
どうくっ付けようかと思ったときに、こういう答えが出たんだとは
思うのですが。
ただそのくっ付ける手段の方がドンドン構想が膨らんでいって
こういう形になってしまったのかも。
そこはもう割り切って、
少女達の心や不の感情のぶつかり合いをこういう感じの
イメージ映像でお届けします。みたいなことでもよかったかも。
少なくとも、みんなマカロンマカロン言ってた頃はこういう解釈だったよね(笑

BRSはマトの空想の友達で(赤毛のアンちっくな)とか。
コトリトリの絵本の代わりに、
マトが自分で描いた下手なイラストで「この子はBRSっていうの!」とか
ヨミに見せるとかどうだい。
うん、痛いけど(笑 まどっちみたいでいいじゃないか

まあなんだ、思春期の少女達特有のドロドロした友情部分は
面白いと思ったわけですよ。
でもそれは別にBRSでなくてもよくね?ってなるからね。

まあ、何はともあれ、色々と考えさせられるアニメでした。

自分。BRSちゃんが可愛い可愛い人間なので見始めた部分はあるのですが
もう後半とかボッコボコにやられててみてるこっちが辛いのなんの。
リョナは苦手じゃよー><


はい、ではここから拍手コメに返信です





 
恒例というか
せっかくなので わしずと!
もやっときますかねという


11wasizuto1.jpg

11wasizuto2.jpg



11wasizuto3.jpg



11巻ではやんだが多めで楽しかったですね。
やんだがきて皆で隠れてるところとか実に秀逸。
ジャンボのやんだに対するボケはハズレがないなぁー。
見つけてくれよ・・・とかw
でかくてもかわいくていいじゃねーか!とか
貝だな。 とか

何気にジャンボがよつばと遊んであげてるときの
顔とか好きなんですよね。
父ちゃんややんだ交じりじゃなくて
本当に二人で遊んでるときのジャンボのオーラが
なんか優しそうですき。見守ってる~って感じで。
ああ、小さい子と遊んであげてる大人ってこういう表情
するよな~みたいなのが出てると思うマス。

あ、あと犬が可愛かった!
あんな可愛く犬描ける人久々に見た!w
さすがはあずま先生でござる



あそうそう。最近読んだ漫画。

「ヒストリエ」を1巻から最新刊まで一気買いしました。
前にちょっと話題にも出てたんですが
(ば~っかじゃねーの!?のハルパゴスさんが登場する漫画ですな)
本編も気になったので買ってみたわけですが。

これが、メチャクチャ面白くて予想以上にイイ漫画だってびっくり。
いやー面白い。「純粋に面白い漫画」という感じにピタリ当てはまるこの感じ。

特に主人公のキャラがいいですよね
(主人公はハルパゴスさんでもちろんはない)
シニカルというかライトでドライでお茶目なキレ者という。
ああいう感じの人が好きなのでより楽しめました。

で、この漫画の作者さんて「寄生獣」の岩明均さんなんですよね。
はーそれは面白いはずですわイナ。
ヒストリエ読んで、久しぶりに寄生獣読み返したんですが
相変わらずミギーが萌えキャラでした。


はい、ではここから拍手コメ返信です




 
マフラー巻いた女の子の髪がもこってなってるのが可愛い。

という話を見かけまして。
それはそうだ実に的を射ている!と妙に納得する。

つまりこういうことか


mahumoko.jpg


つまり鷲巣さまでも可愛いってことなんだ(集中線)

マフラー+メガネ+カーディガン=最強
だと思うんだが
これにヘッドフォンつけようと思ってやめた。
何事もやりすぎはよくない。

こんな人が紅葉した落ち葉舞う公園のベンチで本読んでたら
後ろから襲い掛かるわ
そしてポリスに連行される自信があるわ(迫真)


そうそうそれはそうと。
拍手コメで忍さんの描いた「トリコ」のココがみたいんで
お願いします。というのを頂いたので、試しに描いてみました。

toriko.jpg

初描きトリコ。
こうしてみるとココの格好ってピッコロさんぽいんですね(笑

トリコで言うと私はあれですね
絵に描いたようなツンデレ野郎のゼブラが最近すきですね。
なんて分かりやすいんだよ!手っ取り早いよ!!



ああ、そうそう。
Fate/zeroの10話みましてん。
オリジナル展開でキャスター陣営出番来るよ!という触れ込みで
ワクテカしてたら
旦那が画面に映りさえしなかった(´;ω;`)ブワッ
しかも龍ちゃんが少女にしてやられて
旦那からもらったラブラブブレスレットを破壊されるという体たらく。
な、なにが起こったんだ―――(笑
これは酷い。主に数少ないであろうキャスター陣営支持層に対する
仕打ちが酷いw
それでなくても他のサーバント勢に比べて潤いが枯渇しているというのに
(出番的にも規制的にも結末的な意味でも)
何も龍ちゃんをかまさなくてもいいじゃマイカ――
いや、かますのには恰好だと思うよ。かましやすいよ。(犯罪者2号だしね)
でもだからこそやっちゃダメだろ―――
そこはそっとしといたって、しといたってェェ―――><

という魂の叫びが出ましたね。
や、うんオリジナル展開も面白いしロ凛はいいものだって
分かってるんだ。やっていいよ。むしろどんどんやってよし。

でもできればキャスター陣営を巻き込まない感じでやってペロ!

という、とある少数派層からのささやかな願いでした。
なんだろう、まどかマギカでいうところの
さやかちゃんファンになったみたいなこの心境・・・
肩身狭いというか、ファンの中でも立場分かってるから声は大に出来ないけど
コレだけは言わせてくれよ・・みたいな
控えめな気持ちになるよね。

こんな悟りの境地まで垣間見せてくれる
旦那と龍ちゃんはやはり偉大だな。


はい、ではここから拍手コメに返信です


 
ご存知ですか?

sm.jpg

ちなみに、手の平から指を曲げて見る人はMなんだそうです。

というネタ画像をみてなるほどーとおもってやってみました。
アカギはつめの刺さり具合をみたようです。(日本語・・・

鷲巣さまはもちろん加虐大好き自分がいたいの大嫌いのSっこでしょう。
というか、この爪みてっていわれてスッと手を翳してる感じが
えへへ。ふひひブヒィですね。

そういえば今年のネット流行語?のアンケート聞かれたとき
ブヒるに入れときました。



あ、そうそう。
ピクシブの方にキャスター陣営の夢見がちな学園もの妄想ネタ
上げときましたので旦那と龍ちゃんスキ!って方はいってらっしゃいませ。

昨日の深夜に勢いで上げてたんですが、
早速タグやコメントで
「ねーよ」「その発想はおかしい」「よくもこんなキチガイレコードを!」
みたいなこと言われてますがさっぱり心当たりがない。
あげく1割もいんの!?とか言われてますが
あれ最初割合8:2だったんだよ・・!
でも描いた後改めて見直して
「いっけない☆(テヘペロコツン)2割はいいすぎよね!」っていって
消しゴムで消して9:1に直した挙句にあの言われよう。

でもFate/zeroのファン層考えたら妥当な割合だと
思うんですけどネェ(笑
キャスター陣営好きな人って層が狭いだけに愛のかけ方が
縦に深いイメージがあるんですがの。
私も旦那の笑顔、守り隊の一員ですよ。
みなさんも参加しましょうよ。


あ、あと。
この前でうしおととらの話が出たもんでコメントで
「忍さんのとらちゃんが見たいです」的なリクエストがきまして。
懐かしいなーっておもって描いちゃいました


toramayu.jpg




























真由子が似なかったw難しいなー。
いやーハンバッカ食べたいとらちゃんマジ天使。


はい、ではここから拍手コメに返信です

 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍のコミックス






最新コメント
[10/16 るるこ]
[10/13 ナノ(ry]
[10/12 ryouichi]
[10/12 忍]
[10/04 六文銭]
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
自己紹介:
一応漫画家。某誌にて連載中。
年寄りと三白眼を好む習性在り。
バーコード
ブログ内検索