※chromeの拡張機能でABPを入れてるとテンプレートが崩れる場合があります。 その場合は更新ボタンを押してみて下さい
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
どもですはい

スマホの携帯アプリでやってたテラリアなんですが
ハードモードが存在せず、ウォールオブフレッシュを倒したら
事実上の全クリのようなものらしいので

仕方がない。
PSVitaとテラリアのソフトを中古で買ってきてプレイしてたりします。

スマホでやるより操作性が快適なので幸せ。充実した穴掘りライフ。

しかし、今のところテラリアしか持ってないわけですが
Vitaって他にソフトは何が面白いんじゃろうか

そのうち「艦これ改」がVitaのハードで出るらしいんで
これは興味がわいてます。
あと、シレン5が出るらしいんでこれは欲しいかなって。

テラリアといえばこれのインスパイア元でもあるらしい
マインクラフトもちょっと気になってます
最近になってプレイ動画とか見て、はあー面白そうですね確かにあれ。
要するにテラリアを立体的にというか3D空間でやってみました的なことなんすかね
なんか昔からやたらニコでも動画見かけるんで
何なんだろうアレとは思ってたんですが



艦これといえばアニメで轟沈艦が出てしまいセンセーショナルな話題になってましたね
まーシリアスやるにしても後半にまとめても良かったのかな?とも思いますが
しかし、ところがどっこい生きてたフラグも消えたわけではないので
とりあえずは事の成り行きを見守っていこうかなと。

ちなみに私はアニメ知識だけだが
年寄り喋りの利根さんが可愛かった。
また再登場してくれんかなあ。ババ口調可愛いさぁ。

あと大井さんはもうちょっと北上さん意外にも優しくしてやってくれんか
心が折れそうになるぅ。

そして島風ちゃんのオゥッは何回聞いても可愛い。 アザラシかな?



あ、そうそうそして
刀剣乱舞のその後。

もうじじいが出るなんて都市伝説だろ・・・(タイトルの回収)

何回やっても01:30:00ですもう勘弁してください。


とはいえ、種類も結構集まってきて残る指名手配は
短刀の厚、平野
太刀の三日月、小狐丸、一期一振
槍の蜻蛉切
の5人となりました。

薙刀の岩さんに関しては5-1ついた早々で奇跡的にドロップしてくれたので
ほくほくと育成中

っていうか
もうすでに5-4クリアしてしまったんやが・・・
このあとどうすればいいんじゃろ
とにかく資材を打刀にする作業を続けるしかないのか(鬼か)
まあ5-4回しつつドロップ待ちかなあ。


そうそう。刀剣といえば
うちの近侍、陸奥守吉行ことむっちゃんて派閥に属してないからか
なんか他の子と絡んでる漫画とか絵とか動画をなかなか見ないんですけお
それにより私がブルーになる事案が生まれるのでそれを解消するために
私が他の子との交流漫画を描いておこう

 

大太刀のレアのクセに見かけはどうみても短刀ショタの
蛍丸くんヒューッ!


ほとちゃんはずっとウチの副隊長はってくれてます。
ガハハな吉行とクールショタビューティーの蛍丸

シノビ隊の隊長、副隊長として仲良くしてて欲しい。



後は
私が気に入って使ってるメンバー一覧(覚えやすい特徴付き)



次郎太刀さんは演練で見かけてたときは「なんか濃いなあ」としか思ってなかったが
お迎えすると、そのオネエすぎるオネエキャラに魅了される。
美人でいなせなアネゴって感じで好き。いいわあ。
抜刀絵より収刀絵のほうが美人よね。

あと、
御手杵さんの一般人オーラが浮きすぎてて逆に好きになってくるマジック。
なんか普通なんだよこの人!なんか一歩出れてないこの感じが・・・
不思議と癒されるな・・・ 声も普通って言うか時々ん?なところがまた・・・
なんというか使ってあげたくなるよね。

あ、これ描いたあとに鶯丸が来てくれました(やったねうぐうぐ)
ペルソナにいそう。







<刀剣乱舞、始まるぜよ>



俺はじじい目当てだったはずが
気がつけばむっきー好きになっていた
何を言ってるか自分でも分からねーが
とにかく陸奥守吉行の片鱗を味わったぜ

土佐弁かわいいんですけどーたまんなくさいんですけお

陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)とかいて
むっくんと呼ぶかむっきーかよっしーかでまだ若干の迷いがある。

や、私は若美爺キャラとかいう壮絶な釣りにつられにいったのに
レアキャラすぎてにっちもさっちもいきやしない。

このままじゃ近侍の不動の地位が土佐弁に取って代わられるが
それでいいのか三日月さんよ
徘徊してないでそろそろ4時間しようや・・・?



これはもうあれだ
イラスト描けばお迎えできるみたいな都市伝説にあやかるしかないのか

と思い立って一晩で描いた





むっくんを ォ

(ほらほらこーんな可愛いんですよ)

私、太もものあれを空目してて一瞬あせったけどそんなことは
構造上ありえなかったぜ(よかったなあ)

台詞が全部可愛いなあ
やっぱ高知ってカツオ人間だけじゃなかったんや。


でも二次創作最大の壁がネイティブ訛りっていうね

ちょっと誰か、
標準語を土佐弁に変換してくれるようなツール作らないかい?



それはそうと。
最近買った漫画ちらほら。

・地獄のミサワ先生の新刊。『いいよね!米澤先生』
あのカッコカワイイ宣言のミサワ氏の新作と聞いて購入したんですが。
なんか普通に面白く話が読めたので面食らった
あの人を1コマシュールギャグだけと思ったらわりとそうでもない
才能の持ち主だとは前から思ってました
(企画でイラストの添削してたときとか割と的確なこと言ってたしネ)
無茶苦茶なキャラのヌチャクチャな話ってだけでもなく
ちゃんと爽快感とオチと救いがあって良い。
これがないギャグ漫画で笑いと不快をごっちゃにしてるのがたまにありますが。
ギャグ漫画には「笑い」はもちろん必要だけど
「爽快感」と「救い」ってのも重要なファクターなんじゃないかなあと思います。
作者公認のクソ人間である米澤先生が、実は毎回誰かの救いになってるのがいい。

あと、もちろん笑いのレベルも相当高いのは言わずもがなな作品。
笑えてほっこりするってある意味最強ですよね。

・ユリ熊嵐(コミックス版)
本編がワケわかんねーから漫画版買って理解しようと思ったら
全然違う話じゃねーか!!!! (終了) どーなってまんねん。

あ、でも絵が可愛いからまあそこはノットギルティーで・・・

・るろうに剣心裏幕ー炎を統べるー
るろ剣の志々雄さま外伝漫画ときいて。
しかも由美さんとの馴れ初めとあっちゃあ黙ってられまへんで。
案の定ですがただひたすら志々雄さまがカッケー漫画で我輩大満足でした
あと、何気に方冶の掘り下げがいいキャラしてて良かった
ああ~やっぱ志々雄一派なんだよなあ
悪役スキーとしてはこれはうれしいボーナスありがとなす
これ半分小説になっておりましてな。
こちらもこれからゆっくり読んでいこうかと。




 

^p^<あ゛あ゛あ゛~きらりちゃん可愛いんじゃにょわぁ~


長身乙女ってたまんねーっすね。

ソレと同様に
キャスケット帽メガネくわえ煙草痩せぎすオジさんって
どこまで設定盛ってんだよ!!!
っていう。こんな神モブ知らんわ
(この新聞記者のおじさんは限りなくモブに近い人です)

デレマスはきらりちゃんと杏ちゃんのコンビかわいいっすね。
画面にうつるとほっこりとぅるー。
早くメイン回くれー。

あ、でもPときらりちゃんで接点の話きたら
それはそれでにょわーかもしれない
そういえば武内Pはきらりちゃんより身長高いんだろうか
190センチくらいあったらいいよね

元祖アイマスの方だと
いおりんとあずささんが好きなんですが。

私の好きなアイドル傾向として
ほっこりお姉さんキャラ、ツンデレキャラときて
巨乙女という新規参入が来たことで新たな扉が開かれる。


そうそうそれはそうと。

最近ゴジラの映画をはしごしてました
初代ゴジラから始まり、やっぱ平成のVSシリーズは激アツですわー

なんていってもビオランテ。ありゃ見てて実に心地よい映画。

音楽はどこのモンスターとエンカウントしたんだよみたいな時がありますが
(そこは某巨匠先生の偉大なる音楽的所業)
ゴジラはもちろんのこと、自衛隊の方々も映画の盛り上げに多大に貢献している。
光線反射とか電子レンジ作戦とかね。作戦創意工夫してるところが素晴らしい。
あの辺の演出がちょっとエヴァを思い出した。
電棟が半回転して接続されるとことかなんか似たようなの見た覚えがあり。
エヴァスタッフにゴジラファンの方とか居たんでしょうか。

 超能力施設の子供たちがゴジラの絵をババっと掲げて例のBGM鳴る所は鳥肌。
あと火山の中から復活するところも神っすわ。
海のところでエスパー未希さんと対峙するゴジラのとこもいいよね。
印象深いシーンが多い


VSキングギドラの、
キングギドラがメカになって戻ってくるシーンも大好きなんですがね。
あそこは熱い。うおおおおって言いたくなる。

そしてVSデストロイアで泣くっていう。
背びれが溶けるところはあかんでェ。
その前のジュニアがやられたところでもうすでに涙目なんですが。
ゴジラがゆっくりくずれていくシーンでダクダクと泣く。
そしてその後のシーンで再びうおおおおってなる恒例行事。

ゴジラのすごい所は
白黒映画である第一作目からもうすでにゴジラという映画の方向性が完成してる所よ
最初のスタッフロールからあのゴジラのテーマが流れてくるのを見てると
ああ、この時点で完璧なんだ・・・って思えて感動する。
つかあのテーマソングは卑怯だぁな
すんごい屋台骨。

ちなみに最近見つけて超おすすめなゴジラMAD
【MAD】平成ゴジラ・クロニクル【百禽】
ゴジラ愛に圧倒される
これみてゴジラマラソンしたくなってしまったというね。



ああ、そんで。
ヤンデレ彼女のオンラインが更新されましたのでお知らせでがす

【72話】黒少女、それは田中美咲

VS葵。伯父さんは心を開くのか
それでもレイナさんなら、仙道ならきっとなんとかしてくれる
仙道は陵南のエースプレイヤーで天才と称されるオールラウンダーだからな(?)


あ、関係ないけど
文庫で「ああ播磨灘」全14巻を一気に大人買いしてしまった。
くっそ面白いですこの漫画。
でも私はなんだかんだで初期の頃のひょうきんな感じの播磨灘関のほうが好きだったかな
途中から強面無口キャラになってしまったが(編集さんからのアイディアらしい)
でもたまーに愛嬌あるところが出るのもいいな
相手側に人間ドラマがあるのもいい。
相撲に詳しくないんですが、そういうの関係なくはまり込んで読めます。

最強キャラってやっぱ読んでて爽快すわ






某友人に、
漫画でネタにするからなんか1分で描ける自画像を1分で描いて
写メしてーや

っていって送られてきた自画像

 

ブロントさん「お前それで良いのか?」


本人がいいならいいんだがな・・・



まあ、そんなクラゲ的生命体の人とのとあるスカイプでの会話


そもそも、「風立ちぬ」の主人公の名前を把握してない時点で
お前は何を見ていたんだと問いたいが

氏は真面目に鑑賞した上で気に入って
特典映像の絵コンテまで読み込んでくれてるそうだが

ならなおのこと何故こんな悲しいすれ違いが起こるのか謎である。



さらに
同一犯による悲しい昔話。


モテモテ王国の、さらにそこに出てた可愛いおっちゃんという極狭カテゴリーで
意見が割れるってどんな奇跡だよ


まあこの場合、異端なのはたぶん僅差で私のほうなんだろうが


え、大王ちょーかわいいじゃないですが
地面から前足そろえてピョコンと立った
悪のウサギさんがせり出してくるとか超かわいいじゃないですか
(後半、トーマスと入れ替わるように出てこなくなっちゃったのが超悲しい)

みんな、
ながいけん先生作の「モテモテ王国」をもっと読んでこうぜ


さて、それはそうと

冬の新アニメもぼちぼち見てますよー

・ジョジョのエジプト編でイギー登場!
ブサイク!でも可愛い!!
やっぱ動物が画面で動くとウキウキしてみれちゃいますね
花京院がポルナレフに地味に厳しいのが面白かった
OPの歌はまだちょっと慣れない感じかなあ・・・
なんか遊びすぎなかんじ?映像は毎度のこと素晴らしいんですがね。
写真の補完はとても良かった。貰ったジョタロさん嬉しそうで年相応に可愛い。

・艦隊これくしょん
ついにアニメはじまた!
原作のゲームやってない派なのでどんな女の子が出てくるか楽しみ。
っていうか提督は居るけど徹底して映さない方向で行くのかー
これもちょっとした冒険ですね
1話のラストのところなんかはちょっとしたホラーでしたがw

・デレマス
噂のあのPは何か凄く親近感がわくっていうか
でもまだ「可愛い萌デュフヘ~」って感じじゃないんだけどね。なんとなく惜しい感じ
いや、まだわからない。これからドロドロにハマっていくかもしれない可能性も
ゼロではない。まずは様子見だ・・・
まだ今の段階でいえばアニマスの赤羽根Pのほうが勝っている
(私は彼の見た目に関しては100点あげたいくらい好きだ)

・東京喰種√A
始まってすぐえ、あ、ハイって感じだが
新章というか完全に前期の最終回の純粋な続きって言うか
何故コレを前のの最終回にしなかったんだい?といった疑問。は、まあ置いといて
すでに作画が息切れしてる感じがしたが気のせいだろうか(特にバトル方面)
いや、やっぱこれ作ったのは前期の段階でココまで作ってたんじゃないのっていう。
つまり、次から制作パワーが回復してるかもしれない。座してまとう
OPはこれ仮だよねうんきっとそうに違いない。
後はアレです。私の真戸さんゲージが枯渇してるので過去回想でもオマケでもいいんで
出番あげてくださいっていうそ(あ、レッドアリーマ)

あとは夜のヤッターマンみたいなって
ニコでの配信待ち。




あ、ほんで最後に。

チャンピオンタップのほうで「息子の嫁」が更新されたので
ついでにお知らせ

「第18話 接触と触発と発見」

最近モモさんがどんどんイノシシ女子化してて自分でかわいい




今年もなにとぞよろしくお願いします。

さて、正月といえば親戚が集まって何かとなになわけですが



鷲巣さま「・・・・・・」



姪の将来が心配だ(いやもう手遅れかもしんない)

さらに聞くと
なんかクラスで赤司様派閥とリヴァイ様派閥があるらしい
どっちがカッコイイかみたいな・・・?
おいおいどうなってんだよ今時の学校教育は。
弟君は姉にウェハースばかり食べさせられているらしい
(カード目的に大量買いするから)

私が子供の頃はアニメイトなんてなかったですよ。田舎だし。
こうやってある意味エリートに育っていくのか・・・

まあ少なくとも私のような
捻くれたごく一部向け需要の特殊趣向みたいなハマりかたするよりは
リヴァイさんのような王道をいってくれるのがせめてものなんとやらで
王道っていいよな
マイナーより確実に色々と得がでてくるぜ
シェアがでかいっていいぜ
二次も探しやすいんだぜ


さてさてそれはそうと

あ、あれみました
「かぐや姫の物語」
ええ、
感想もちょろっと(一応ネタバレ注意?)
今更かぐや姫にネタバレもなにもあったもんじゃないとは思いますが。

ストーリーに関して「なんだあの終わりは」とか
「かぐや姫以上でも以下でもないんですが」みたいなこと思った人もいたでしょう

まあ題材が「かぐや姫」である以上、これはもう諦めてくれとしか。
「かぐや姫」をベースとして選んだ時点でストーリー的にはどうしようもない
のだろうなあと思ってました
だって高畑監督ですから。赤毛のアンしかり。
ある意味原作至上主義というか、絶対不変的な原作ベースを元に自分のアレンジで
料理するような感じの人だと思ってますから
その辺が宮崎さんとは違うっちゃ違う。
あの人はその辺容赦ない。いけいけドンドンでばんばん変えちゃう感じの。

なので、原作のかぐや姫が最後月に帰るのなら帰るんでしょう。

コレがディズニーとかだったら連れて行かれようとする姫を
現地で仲良くなった勇敢な若者あたりがババーンと助けてなんやかんやで
姫とソイツと爺婆は地球でいつまでも仲良く暮らしましたとさめでたしめでたしEND
になるんでしょうけどねえ。
まあ私もどっちかっつーとソレをやれよ。とは思いますよ


翁について。
視聴者はなんか知らんが途中から最後までこの爺にイライラすることになる(笑)
や、愛情の方向が違うほう行っちゃうってのは悲しいよくある話なんですが
お婆さんが良い母やってるだけに爺の暴走がとにかく面倒くさい

っていうか良く考えるとすべての元凶はこの人にあるというのもね。なんとも
しかもそれを最後の最後まで自覚して反省しないのが。ちょっとなめんなよと。
誰か咎めて追求しろ、そして自覚して後悔して反省して許してもらうまでがワンセットだ。

なんか勘違いステージパパ?と化している翁だが
これには月の陰謀が暗躍している、という説もある。
つまり宝や着物を寄こして翁の思考をそういう方向に誘導し、
ひいては姫を月に戻すための長いスパンの陰謀という。

だからまあ、ウザいかもしれないがあのお爺ちゃんを責めないでやってほしい。


幼馴染の捨丸あんちゃんについて。
この人に関しては「浮気か!」という世論がすべてを一蹴してしまったような。
世の中、不義には実に厳しい。厳しい人が多い。
恋愛、純愛、悲恋、大いに結構だが不倫とあっちゃあお天道さんが許しても
この世論が許さない。という道徳観念は確実に存在するのである。
作り手はこの辺に関してはデリケートに扱うべき問題だと思う。
どんなに感動する話作っても「不倫ジャン!」ですべてを突っぱねる人はいる。
そういう人にも、気持ちよく見てもらえる話を心がけなければならない。

なので、捨丸あんちゃんが妻子を置いて姫と駆け落ちすることを
ノータイムで了承してしまったために、ああこれは荒れるな・・・と思いました。

や、世の儚さとか時間の無常さとか色々と言いたい、表現したい事はあったのでしょう
でもそういう奥ゆかしい表現が「不倫」という大声にかき消されて
見えづらくなっていたのが残念である。あの場合せめてあんちゃんが独身だったらねぇ。
まあでもそれじゃ「もはや遅い感」がでないのでねえ。なんとも難しい。


帝について
アゴ長かったよね


姫について。
凄く情緒不安定に描かれているのと、時々夢か現実かわかりづらい表現ありで
楽しんでたかと思えば急に冷めて帰ろうというなどなど
なかなか掴み辛い。見る人によっては不思議ちゃんか!となりえる。

この辺、実に繊細な捉え方を要求しとるなとは思います。
姫は辛い辛い、辛い中にふと楽しいこと嬉しいことを見つけてワァ!ってなるけど
やっぱり辛い現実を思い出して冷める。いってみりゃその繰り返しなワケですが。
楽しいことをしてると、いつも辛い現実を思い出させるような水が入るんですよ。
桜のお花見でいうと、
お花キレイ楽しいなーウフフフってやってると、
仲睦ましい親子が通りがかってふと現状を思い出す。んでフゥ帰ろう・・・ってなる。

この、姫の気持ちが切り替わるささやかなスイッチを見逃してると
なんだこの女は情緒不安定か!ってなるわけで。
油断してると気づかないかもしれない。(まあ分かり難いとは思うわな)
しかも姫は大きくなると基本的にこの躁鬱スイッチの切り替え少女になるのでより辛い。
 もしくは、
姫は元々は月の住人なのでふとしたことで感情が冷めてしまう・・・という暗喩?かも
つまり明るく元気な状態が稀有っていうね。考えすぎかもだけど。

 
罪と罰について。
これは本編を見てると断片的にヒントが出てくるので、
それを並べ替えたりパズルのごとく推理すると見えてくるといった程度のものです。
明確にわかりやすく説明もされてないし、重要な設定として話されてないので
「罪と罰って結局なんだったの?」という人を責めるのもアレかなという話で。

簡単に言うと
・月の世界は完成された楽園。人々は争いも悲しみもない代わりに感情そのものが希薄
(ナウシカの墓の中にいた良い人間の卵みたいな感じよ)
・なので地球は穢れた禁忌の地とされていた。(むしろ服役先的な)
・その昔、地球に落とされた天女がいた。そして月に帰ってきた
・月に帰ると地球でいた頃の記憶や感情は消えます
・でも地球の歌だけは何故か覚えていて、その歌を月でも歌っていた。涙ながらに
・姫はその歌を聞いて、いつの間にか地球に憧れる
・その地球に対する思いが月では罪なので、姫は罰として地球に落とされる
・月的には「どんだけ汚ねえ場所か見てこい」「そしてそれを実感したら帰ってこい」
・姫は地球で辛い日々を送る。そして帝の変態行為が決定打となり帰りたいとつい強く思う
・一瞬でも地球を穢れた所、と認めてしまう=月に許されて帰れる。ということ
・なので月から迎えが来る「帰りたいコールを受理したので来ました」
・姫、帰る

と、これがわかりやすいあらすじのようなもの。

物語が、とにかく姫を辛くして月に帰りたくなるよう仕向ける。というのが
裏で暗躍し、そのとおりになっていってるので
ストーリーに爽快感はないかもしれません。
ま、かぐや姫ってそういう話なので・・・で何もかもがFAしてしまう。

しかしながら
日本古来の様式美とかそういう映像の素晴らしさはまったくもって一級品だと
思うので。むしろ外人さんに見てほしいかもしれないといったところではある。
日本の美しさがある。(着物や作法、その時の文化や風習ね)
まあお話はかぐや姫だからそういうもんだとおもって。っていう。

外人さんは勧善懲悪とかヒーローものとかハッピーエンドとかわかり易いの好きそうだけど。
ほら、外国にもロミオとジュリエットみたいなのもあるしね
多少はね?っていう
 
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍のコミックス






最新コメント
[11/16 七面鳥]
[11/06 @]
[10/28 パンピー]
[10/21 麻]
[10/16 るるこ]
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
自己紹介:
一応漫画家。某誌にて連載中。
年寄りと三白眼を好む習性在り。
バーコード
ブログ内検索